今月の献立

5月の献立

一口メモ

5月5日 わかめの日

5月5日はこどもの日ですが、日本わかめ協会では昭和58年(1983年)に、5月頃からその年の新わかめが市場に出回りはじめるため5月5日を「わかめの日」と定めました。

3~4月に収穫される「生わかめ」は、採れたわかめをさっと如でて食べるもので、磯の香りや歯こたえを楽しむことができます。スーパーなどにあるものは「乾燥わかめ」で、春にとれる生わかめを洗浄、乾燥して作られます。他に、生わかめに塩をまぶした「塩蔵わかめ」があります。

わかめは、和え物、汁物、煮物など様々な調理法で楽しむことができ、和洋中の多様な味付けにも合う食材です。

わかめに含まれる「ョウ素」は、甲状腺ホルモンの生成に欠かせない成分で、髪や皮膚の健康を保ちます。また、わかめのヌルヌル成分は食物繊維の一種で、体内でナトリウムを吸着・排出して高血圧を抑制する、血中コレステロール値をさげるなどのはたらきがあります。また、排せつを促進するので便秘予防にも効果があります。

その他にも、血圧の上昇を抑制するはたらきをもつカリウム、骨や歯の健康に欠かせないカルシウムなどのミネラル類も豊富です。


スポーツ栄養士監修 MCT(中鎖脂肪酸)

アスリートの中でも、長距離ランナーなどの持久系、試合や練習時間が長く、疲れを残したくない競技にはMCTがおすすめです。MCTはオイルやパウダー、ゼリー、飲料、ココナッツミルクなどで販売されています。

MCTを継続的に摂ることで持久カアップや疲労回復の効果が期待できます。

MCTはココナッツオイルやパーム油、牛乳などに含まれ、サラダ油やオリーブオイルよりも分子が小さいため吸収が早くエネルギーになりやすい脂質です。

融点が高いため夏は液体、冬は白い個体になります。また発煙点が低いため加熱しすぎると煙が出たり、泡立ったりします。炒め物や揚げ物には向いておらず、加熱後の料理やヨーグルトなどのデザートに加えます。

最近はMCTオイル入りのドレッシングも種類が増えてきましたのでサラダにかけて食べるとより疲労回復に必要な栄養素が効率よく食べられます。

一方、運動をしていない人がMCTオイルをむやみに使うとエネルギーの摂り過ぎになることもありますのでご注意ください。